ホーム
互換インクとは

製品情報
会社概要
保証について
特許について





この度はフューチャーウェル・ホールディング・リミテッド「Callen」のホームページに
お越しいただきましてありがとうございます。

『互換インク』という名前をあまり聞きなれない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

リサイクルカートリッジや再生インク、補充・詰め替えインクをご存知の方でも
互換インクとは何だろう?どう違うの?同じではないの?大丈夫?!
・・・疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

『互換インク?! 昔使ってみたけど色がおかしくて・・・!』
純正品以外を使うとプリンタが壊れるって言われました』
こんな経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

フューチャーウェル・ホールディング・リミテッドではインクカートリッジ業界で初めて
自社開発・独自のオリジナル汎用製品として製造・販売を行っております。

日本ではリサイクルとリユースが混同されていますが現在リサイクルと言われている
ものは実際は一度使用されたものにもう一度他社メーカーのインクを詰めて再販
されている製品です。

中古品のため以下の問題点が発生しやすいと言えます。
中身をインクで洗い流す必要があるのと一度インクが染み込んだスポンジを
そのまま使うなど品質が一定しない、前のユーザーが使い終わってから回収、
再利用されるまで1年ほど時間がかかるなど品質に不安定要素が伴います。
また、プリンタメーカーもカートリッジの回収を行っているため在庫の補充が不安定
であるのが問題点です。

また、使用しているカートリッジは他社の製造物を利用しているため製造元との問題が
発生しやすいとも言えます。

それでは「互換インクカートリッジ」とはなんでしょう?

一言で言うと『プリンタとの整合性があるがプリンタメーカー以外が製造した
インクカートリッジ』という意味です。
プリンタはプリンタメーカーの規定に沿って製造されています。
また同じメーカーのプリンタでも機種によって規格が異なります。
それらプリンタメーカーの定めている規格に整合するように造られた非純正品、
それが互換品、汎用品です。

「互換」と言うと純正と何から何まで同じと思われる方がいらっしゃるようです。
しかしそれでは「複製」であり違法となるコピー製品です。
そして独自開発するのが困難なためコピー製品がたくさん販売されています。
ネットオークションなどで販売されている製品には訴えられていないだけで実際には
違法な製品が数多くあります。

そこで当社では特許侵害など法違反に触れぬよう、自社でインク、カートリッジ、
ICチップそれらを独自に開発し、販売することにいたしました。
そのためカートリッジやICチップの形状が純正と若干異なるところがあります。

そして自社でインク、カートリッジを開発するため問題点に対してのフィードバックが早く
お客様に提供したい製品を明確にすることができました。

今まで純正品をお使いのお客様にもご満足いただける色合い、耐候性、
今まで使っていた純正品と変わらず同じ使い勝手、万全のサポート体制と
使い続けていただける価格。適合製品がわかりやすい製品型番。

フューチャーウェルがお客様に体験していただきたいのはそんな製品「Callen」です。





≪前のページへ≪ 1 ≫次のページへ≫
保証条件|会社概要お問合せブログ
Copyright © 2000-2005 Futurewell Holding Limited All rights reserved